成功するために

金貨の投資にもリスクはありますが、それでも成功を収めている方は多くいます。
とくに、アンティークコインというのは数に限りがあるため、少しでも早く利用することがポイントとなります。
時間が経てば経つほどどんどん値上がりしていくという傾向があるため、早めに始めなければ購入自体が難しくなってしまうのです。
こうしたことから、金貨投資を成功させるためのポイントは、スタート時期を見極めることと言えるでしょう。

また、どういった投資においても言えることですが、金貨の投資をする際には分析力が求められてきます。
その金貨が価値のあるものなのか、社会情勢なども踏まえながら常にアンテナを張っておく必要があるでしょう。
また、今後の自身の経済的見通しもきちんと分析することが大切です。
こうしたさまざまな分析の結果、リスクを軽減すること、大きな利益を得ることにつながります。

実際に金貨投資を行った方の中には、高い利益率を出している方も多く、その数値はFXなどよりも出しやすいとも言われています。
しかしそれらは、きちんとした分析のもとに行われているからこそに叩きだせる数値です。
今後、どんな金貨の価値が上がっていくのか、きちんと情報収集をしながら成功に導きましょう。

リスクとは?

延べ棒による金投資のリスクは、先物取引であるためハイリスク・ハイリターンであると言われています。
先物取引の場合、最初に高い資金を持って投資を行ったものの、その価値が下がればあっという間に戻り金も減ってしまうというリスクがあります。
金投資は、他の投資に比べると、一気に価値が下落する心配がないため、リスクは比較的少ないのが特徴です。

一方で金貨投資におけるリスクというのは、金貨そのものに傷が付いたりしてしまうと、一気に価値が下がってしまうという点です。
金貨の価値は、保存状態の良さも大きく反映してくるために、保管が雑で色が変色したり傷が付いたりしてしまえば、その分価値も大きく下がってしまうのです。
実際に、無傷のものとキズありのもので比べると、買取価格は数千円~数万円以上の差が出てきます。

数が多くなればなるほど、その損失も大きいです。
一つ当たりが数千円であっても、それがいくつもあれば、一気に価値が下がってしまい大損となってしまうかもしれません。
株式やFXなどと大きく異なるのが、自身の管理の仕方で大きく価値が変わってしまうという点でしょう。
こういった点にも注意しながら、慎重に金貨投資を利用してみてはいかがでしょうか?

どうやって始める?

世界には、希少価値の非常に高いアンティークコインがあります。
これらはコレクターにとっては非常に貴重なものであり、いくらお金を積んででもほしいという方もいます。
こうした金貨を高く売却するのが金貨の投資です。
金投資というと、延べ棒を売るタイプのものを思い浮かべる方も多いかもしれません。
実際に、金投資の中には延べ棒を扱っているものもありますが、金貨の投資はその名の通り、金貨を扱うものですから、延べ棒とは異なります。

また、こういった希少価値が非常に高いコインとは別に、手ごろに購入できるコインもあります。
国内で購入ができるのは、オーストラリアのウィーン金貨ハーモニーやカンガルー金貨、カナダのメイプルリーフ金貨といった種類があります。
これらは、流動性が高く、デザイン性も高いといった特徴があります。
カンガルー金貨においては、毎年裏面のデザインが変更されるために、発売される年によっても価値が変わってきます。
これらの金貨は1グラム当たり5000円程度から販売されており、小売価格は1万円程度と手ごろに購入できるものから15万円程度の少し割高なものまで幅広くそろっています。
地金の延べ棒に比べると、かなり低資金からも始められるのが、金貨投資の魅力と言えるでしょう。

金貨の投資

最近ひそかに人気を集めている、コイン投資という投資方法をご存知でしょうか?これは、アンティークコインを使った投資で、希少価値のある金貨を安く入手し、それを高値で売るというものです。
このアンティークコインでは、投資の定番でもあるFXなどよりも簡単に高い年利を狙える方法として注目されています。
中には、数千万円以上も稼いだという方もいる程です。

アンティークコインの価格推移を見てみると、2004年から2014年にかけても右肩上がりになっている傾向が見られ、約10年間で年利は20%以上にもなっていると言います。
まだまだ日本では浸透していないということもあり、一部の方が多くの金貨を購入しただけで、一気に相場が上がるといった傾向も見られるなど、将来の期待が寄せられる投資方法です。

売る方法は、オークションに出品するという方法もありますが、国内にあるコインショップへ行って売却する方法もあります。
基本的には、富裕層の方がこぞって利用する投資方法と言われており、まずは資金調達をするところから始めなければならないのが一般的ですが、自己資金があまりなくても始められるタイプのものもあるなど、誰でも参加できる仕組みにはなっています。

不動産、FX、株など、さまざまな投資方法がある中で、まだ金貨を使った投資方法を知らなかったという方も多いと思いますが、ここでぜひその方法について知っておきましょう。
アンティークコインを使った投資法方法のあれこれをご紹介します。